日本光生物学協会
ENGLISH
 
このホームページに関する
お問い合わせは

協会会長:
sfukada[at]mail.ecc.u-tokyo.ac.jp

管理者:
ohoka[at]bio.sci.osaka-u.ac.jp

([at]を@に変えてご利用ください)

第53回委員会議事録

 

日本光生物学協会第53回委員会議事録

日 時:2014年(平成26年)8月22日(日)11:30 〜 13:00
会 場:大阪市立大学学術情報総合センター、研究交流室
出席者:皆川純(光合成学会)、熊崎茂一(光化学協会)、浅見忠男(日本農芸学会)、飯野盛利(日本植物生理学会、会長)、長谷あきら(日本植物学会、庶務幹事)、今元泰(日本生物物理学会)、志賀向子(日本比較生理生化学会、会計幹事)、深田吉孝(日本生化学会、次期会長)、寺北明久(日本動物学会)、藤堂剛(代理:藤原(石川)智子)(日本放射線影響学会)、真嶋哲郎(日本化学会)、大岡宏造(協会広報担当)、河内孝之(監事)
欠席者:森脇真一(日本光医学光生物学会)

議 事:

1.委員の確認
名簿をもとに委員を確認した。前回委員会からの変更は無かった。

2.配布資料の確認
確認した。

3.前回委員会議事録の確認
前もって送付した議事録案の内容を確認した。

4.報告・審議事項
1)国際光生物学連合(IUPB)への会費納入について、会長からの現状説明の後、今後の協会の対応について討議し、
・アルゼンチンで9月に開催されるIUPB Board Meetingにおいて、協会の意見を表明する機会を求めること、
・現時点での会費納入は見合わせ、IUPB側の対応を待つこと、
を決定した。

2)アジア・オセアニア光生物学協会(AOSP)への会費納入について
・会長からの説明の後、いくつかの可能性について検討した上で、AOSP基金からこれを支払うことを了承した。

3)日本光生物学協会各賞の授賞規程について
・会長から規程の改訂について提案があり、討議の後、表彰盾あるいはメダルに関する文言、功績賞受賞者の受賞講演に関する文言、功績賞受賞者の旅費支給に関する文言を改訂することとした。

4)国際光生物学会議(ICP2015)について
・IUPB Board memberである深田委員より、本年9月にアルゼンチンで開催されるICP2015の準備状況について説明がなされた。
・上記の1)の議論に基づき、長谷委員がICP2015開催中に開かれるIUPB Board meetingに陪席できるようIUPBに要請することを確認した。

5)次回アジア・オセアニア光生物学会議(AOCP) について
・台湾で開催予定のAOCP2015の準備状況について、会長からの概略説明と、AOSP委員である真嶋委員からの追加説明がなされ、本協会としてシンポジウムをいくつか提案することが確認された。

6)出版について
・真嶋委員(前会長)より、本協会が中心になって編集している「光と生命の事典」について、来年秋の朝倉書店からの出版に向けて順調に準備が進んでいる旨の説明がなされた。

7)各委員からの報告
・特になし

8)会計中間報告
・会計幹事より、会計に関する中間報告がなされ、その内容が了承された。

9)今後の活動について
・来年度は、AOCPの開催年に当たることが確認された。

10)次期執行部への引継ぎ手順の確認
・庶務幹事より今後の活動日程が示された。

11)その他
・特になし

 

委員会議事録メニューへ

 

Copyright (C) The Photobiology Association of Japan. All Rights Reserved.